ホーム | 採用情報 | 社員インタビュー1

INTERVIEW 1

お客様の求めるものを積極的に提案できるよう
新しいテクノロジーにもチャレンジしつづける

國內営業部

2015年入社(経済學部卒)

西園

部品供給という観點からエレクトロニクスに関わりたい

もともとパソコンやデジタル家電が好きだった中で、電気業界で働きたいというのがスタートでした。そんな中で、電化製品を構成する電子部品の、供給を専門とするサプライヤー(商社)があることを知りました。商社であれば、特定の製品を製造するメーカーよりも多くの商品を取り扱え、取引先も多岐に渡るので、より幅広い仕事が出來るのではないかと可能性を感じ興味を持ちました。
千代田電子機器は創業から60年以上にわたり安定した経営を続けており、取引先も非常に多く、また立地的にも秋葉原電気街のど真ん中という素晴らしい環境だったので入社を決意しました。
 

長い売り込み期間の末につかんだ受注

入社後いちばん大変だったのは、文系だったこともあり知識がないことでお客様との打ち合わせ內容がまったくわからなかったことです。お客様は電気メーカーの技術者、エンジニアの方々なので専門用語なども多く、また製品の製造プロセスなどの知識も必要になるので自分に務まるのかと不安にもなりました。
それでも、社內にはたくさんの経験をつんだ先輩や、技術的な専門チームもあるので、同行を繰り返す中で日に日に理解できることが増えていくことを実感しました。
また最近では仕入れ先の部品メーカーがホームページなどで製品の解説を載せていたり、定期的に勉強會やセミナーも開催して頂けるので、そのような機會を積極的に活用していくことで知識を蓄積していくことができ、いまでは重點ユーザーも任せて頂いております。
この業界では売り込みから受注まで1年、長ければ3年以上を要するため、腰を據えて営業活動に取り組む必要があります。お客様に求められる商品を提案し、それが受注に結びついたときの喜びはひとしおでした。

擔當したお客様に喜んでいただけることが仕事のやりがい

仕事を進める中で、擔當したお客様を社內で一番理解し、好きでありたいと考えています。お客様が求める以上の提案や対応を自ら考え行動し、それを喜んで頂けることが営業としての仕事のやりがいとなっています。
また、社內では上司や先輩に相談をしやすい風通しの良い環境なので、仕事で悩んだときも一緒に解決策を見出していける組織力と雰囲気が気に入っています。男女問わず若手同士の仲も良いので、お互いに協力しながら切磋琢磨してます。
ワークライフバランスも良く休暇も取りやすいので、プライベートで英気を養うことで、仕事にもより一層集中することが出來ています。
 

今後はIoTや5Gなどの新たな技術にチャレンジしたい

この業界は技術の進歩が早いので、日々新しい情報やテクノロジーに目を向けていくことの重要性を感じています。これからの目標としては、そういった最先端技術、例えばIoTや5Gなどの無線通信にかかわる製品を積極的に売り込んでいきたいと考えています。
千代田電子機器は歴史のある會社ですが、社風としては社員一人一人の意思を尊重し、やりたいことにチャレンジをさせてくれる自由な會社なので、現狀に甘んじることなく新たなステップに進んでいきたいと思います。

nishizono_1.jpg nishizono_2.jpg

主な1日のスケジュール

08:15

出社

始業前にメールチェック。業界の最新情報などをネットで確認。

08:45

始業

定期社內ミーティングでお客様の狀況報告や課題點などを共有し協議。
本日の商談に向けて資料や提案書の最終確認と準備を行う。

11:00

外出

お客様へ訪問。営業車または電車での移動となり、多い日は3社ほど訪問する。

12:00

ランチ

13:00

商談

新商品の紹介、提案と新製品プロジェクトの進行狀況を確認。
あらたに部品の見積もり依頼と技術資料の依頼をいただき持ち帰る。

16:00

帰社

打ち合わせ內容の報告をまとめ、部品メーカーへお客様からの依頼を要請。
見積もり依頼のあった部品の見積書作成。
明日のプレゼンに向けてパワーポイントで資料作成。
上長に內容をチェックしてもらい事前のすり合わせなども行う。

17:30

終業

完了しない業務があるときは1?2時間ほど殘業をする時もある。

INTERVIEW 2

シンガポール法人

2004年入社 児島

INTERVIEW 3

セールスエンジニア

2020年入社 荻原

採用に関するお問い合わせはこちらから

〒101-0021 東京都千代田區外神田3-3-9
千代田電子機器株式會社
総務課 擔當 石川
電話(03)3253-9561(代表)

お問い合わせ
最近中文字幕2018